とらねこじじの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★不動産の選び方【一戸建て編】1

 
 「マイホームを買うなら一戸建て」という人が少なくありません。
ひとくちに一戸建てといっても、主要な材別に木造、鉄骨造、鉄筋
コンクリート造があり、建て方でみると、軸組工法、壁式工法、
プレハブ工法などがあります。

 軸組工法は、柱と梁を基本に、筋交いで補強して建物を支える仕組み
わが国の伝統的な工法であるため、在来工法とも呼ばれます。木を
主要部材とするこの工法の木造軸組住宅が、現在も日本の一戸建ての
主流を形成しています。

 壁式工法は、主に2インチと4インチ角の規格材で枠をつくり、それに
合板を張ったパネルで床、壁、天井の六面体を形成していきます。
そのためツーバイフォー(2X4、壁組み工法)とも呼ばれます。

 プレハブ工法は構造部材を工場で生産し、現場で組み立てる工法で
あるため、工業化住宅ともいわれています。一戸建てでは、主要部材が
木の木質系、鉄骨の鉄鋼系、コンクリートのコンクリート系、鉄骨
または木材枠組みにした箱で形成するユニット系があります。

 どの構造、工法も一長一短あります。メリットだけで決めるのでは
なく、購入、建築しようとする住宅メーカーや工務店が、デメリット
面をどう補っているかが、大切なポイントです。

 たとえば、木造軸組住宅は開口部が広くとれ、通風や採光に優れて
いますが、耐火性耐久性、耐震性などが課題になります。石膏ボードで
耐火性を高めているか、耐震強化策がとられているかなどをチェック
しておく必要があります。

 また、規格化が進んでいる2X4住宅や工業化住宅に比べると、現場の
職人の技量による仕上がりのばらつきが大きくなるので、技術力の
チェックも重要になってきます。

 住宅展示場などを見て回るだけはでなく、実際に各構造、工法の住宅
に住んでいる人に話を聞いて見るのが一番。その際にもメリットだけで
なく、デメリットも聞いておけば安心です。住宅メーカーや工務店が
実際に手がけた住宅を見せてもらい、できれば住み心地を聞いてみる
ぐらいの慎重な姿勢があってもいいでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。