とらねこじじの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★美肌への道・汗をかいたら!

 
 暑い夏に汗はつきもの。汗をかいてハンカチでふくということを
長時間続けがちですが、実はこれ、かゆみや湿疹などのトラブルの
もとになるので注意が必要です。
 
 汗には塩分やミネラルなどが含まれ、分泌されて時間がたつと
雑菌が繁殖。汗がおさまって、肌がさらっとすればあまり問題は
ないのですが、汗が出続けるか、湿度が高くて肌が湿っていると、
雑菌が増え続けます。

 すると、汗が刺激物となるので、肌が赤くなったり、かゆく
なったり、かぶれてジクジクしたりすることがあるのです。
特に、ひじの内側やひざの裏、首、耳の後ろ、脇など肌の薄い
部分やこすれる所は要注意。

 肌トラブルを起こさないためには「汗をかきっぱなしにしない」
ことが大切です。できれば水道水で汗を流し、清潔なハンカチや
タオルで軽く「押さえて」水気を吸い取ります。こするように
ふくのは、肌表面の角質を取りすぎる恐れがあり、刺激を受け
やすくなるので避けます。

 水道が近くにないときや、洗いにくい部分には、ウォーター
スプレーが便利です。「化粧水」と表示されていますが、欧米
で皮膚疾患の治療に使われる温泉水を詰めた物などは鎮静作用も
期待でき、敏感肌にも使えます。水が滴るほどスプレーして、
汗を流しましょう。

 汗拭き用ウェットティッシュも、携帯には最適ですが、肌を強く
拭かないように気をつけて、配合されている殺菌成分やメントール
に刺激を感じる方は、精製水を含ませたコットンを滅菌処理した
「清浄綿」が安心。薬局で購入できます。

 肌が弱い方は、ウォータースプレーの小さいボトルや清浄綿など
を携帯しましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。