とらねこじじの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★第二の人生設計3

 老後の収支、備えあれば憂いなし!
 
 定年退職などで仕事をやめた後の収支の目安を立てることは、
生活を再設計する上で大事なことです。

 まず、収入ですが、普通の人はやはり年金}(公的、企業、
個人年金)が中心になります。このほか退職金に、ご本人が
再就職したり奥様の仕事でもらう給与などが加わります。

 年金の平均的な給付月額(夫婦合計)はサラリーマンの場合は
20~23万円といわれています。ご自分と奥様の年金額を
社会保険庁に問い合わせるなどして確認してください。

 次に、支出ですが、退職後の夫婦の平均的な生活費は月額
26万円程度となっています。ゆとりある暮らしをするには、
さらに10万円の上乗せが必要といわれています。

 それ以外にも、子供の教育や結婚費用援助、自身や家族の
入院、親の介護、住宅のリフォームなどさまざまな大型出費が
予想されることを忘れたはいけません。

 もうひとつ大事なことは生涯を通した収支総額がどうなるか
見通す事です。その結果、もし支出が収入より多いようなら、
早く手立てを考えるべきです。

 夫婦(夫60歳、妻57歳)がそれぞれ平均寿命まで生きると
仮定すると、生涯支出は総額9000万円~1億円程度かかり
ます。これに対し、年金の年金の合計収入総額は平均
6700万円です。あとは退職金がどのくらいでるかですが、

 蓄えで足りない分は働いて埋める必要があります。
   
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2009/01/24(土) 09:40:40 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。