とらねこじじの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護職員が足りない

 高齢者の介護職を目指す人が減り、特別擁護老人ホーム(特養)や
デイサービスなどの事業者が職員確保に四苦八苦している。

 少子化に加え、景気回復で一般企業の求人が増え、若者が「きついイ
割りに賃金が安い」とのイメージがある介護職場を避けていることが
背景にある。

 近い将来、「団塊の世代」の介護で担い手が大量に必要になると予測
される。

 介護職ー 在宅のほか特別養護老人ホームや老人保健施設などの高齢者
施設、障害者施設などで福祉サービスを行う。施設で働く場合、資格要件
はないが、実際の求人では国家資格の介護福祉士や、国が定めた研修過程
を終了したホームヘルパー(1~3級)を条件にするところが多い。

 訪問介護など在宅サービスでは、介護福祉資格やヘルパー過程終了が
必要になる
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。