とらねこじじの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「早食い・噛まない」食習慣が肥満をつくる!


 「早食いは太る」と昔からよくいわれてきたが、これが大人だけでなく、
子どもにも当てはまることが実証された。「早食い」は子どもの頃からの習慣
なので、大人になってからでは改善しにくいと考えられている。それだけに、
子どもが「ゆっくり、よく噛んで食べる」ことの重要性を学習し、習慣として
身につけることが、将来、肥満が招く生活習慣病予防に役立つと期待されている。

「早食い」の子どもほど肥満度が高い

 よく噛んで食べる習慣は、子どものうちに身につける
 今回の調査の結果、「早食いで、ひと口の量が多い」ほど肥満度が高いのは、大人も子どもも同じであることが明らかになった。また、ゆっくり噛んで食べているかどうかについても、「あまり噛まない」ほうが、大人も子どもも肥満度が高いことがわかっている。

  子どものうちに、「早食い」「噛まない」「ひと口にたくさん食べる」
習慣が身についてしまうと、大人になってからでは、なかなか改善がむずかしいといわれる。「ゆっくり、よく噛んで、少しずつ食べる」という健康教育は、子どもの肥満対策としてだけでなく、大人の生活習慣病予防の観点からも、普及が期待。

  「よく噛む」ことの大きな意味

 食べ物をよく噛んで味わうことを咀嚼(そしゃく)といいますが、
この作業は私たちが生きていくうえでとても大切です。健康な歯で食べ物を
しっかり噛むことは、全身の健康維持に大きな効果があります。「よく噛んで
食べる」健康効果を見直してみましょう。
 

 しっかり噛めば健康になる!

 まず、咀嚼が身体に及ぼすよい影響について知っておきましょう。

①食べ物の消化・吸収によい
 消化酵素のアミラーゼを含む唾液の分泌を促し、胃腸での食べ物の消化吸収を促進する。また、よく噛まないと、消化器官に余分な負担がかかり、消化不良を起こすこともある。

②むし歯・歯周病予防
 唾液の分泌がよくなり、唾液に含まれる免疫物質が細菌を減少させるため、
口腔内の清潔が保たれ、むし歯や歯周病の予防につながる。

③がんや老化を予防する
 唾液に含まれるペルオキシターゼというたんぱく質には、発がん性物質の
発がん作用を抑える働きがある。また、ペルオキシターゼには、老化現象など、身体に悪影響を与える活性酸素を抑制する働きもあるので、よく噛むことは老化防止にもなる。

④脳を刺激、活性化する
 おいしい・まずい、固い・軟らかい、熱い・冷たいなどと感じたり、噛むと
いう作業により、頭部の骨や筋肉が動き、血液の循環がよくなることで脳神経が刺激され、脳の働きが活発になる。

⑤ストレス解消と肥満防止
 早食いをせず、ゆったりと時間をかけて楽しく食事をするということは、緊張をほぐし精神を安定させ、ストレス解消にもなる。また、食事に時間をかけることにより、満腹感が得られ、食べ過ぎによる肥満防止の効果もある。

⑥強いあごをつくる
 固い物をよく噛んで食べると、上下のあごの骨や顔の筋肉が発達し、丈夫なあごをつくる。あごが充分に発達していないと歯並びが悪くなり、運動能力が低下するなど、いろいろと健康を害する問題が生じる。

 大切な咀嚼。でも現代人は…?

 さて、咀嚼の大切さ、健康に及ぼすよい影響については、おわかりいただけたでしょうか?
 ところが現代人は、食事にかける時間が減ってしまったこと、軟らかい食べ物を好むようになったことなどから、噛む回数が激減しています。
 
 その結果、しっかりよく噛むことを忘れた現代人は、医療の発達のおかげで「長生きにはなったが不健康な人も数多くいる」という、あまり喜べない状況になってしまったようです。

 よく噛む習慣は発育期から

 咀嚼回数が減ったことにより、現代人のあごは昔の人に比べ、小さくほっそりしてしまいました。その影響で、最近の発育期の子どもたちは、永久歯が生えるスペースが不足し、歯並びが悪くなったり、咬合異常(こうごういじょう:噛み合わせが安定しないこと)になりがちです。さらに大人になって第三大臼歯(親知らず)の生え方の異常により、抜歯せざるをえなくなる場合もあります。
 
 そうならないためにも、強く、しっかりしたあごをつくる必要があります。離乳食の頃から歯の発育にあわせた、よく噛んで味わうことのできるメニューを考え、また、加熱時間を加減して適度な歯ごたえを残すようにします。さらに、しっかり噛むことができる丈夫な歯をつくるために、カルシウムやたんぱく質を充分にとることを心がけましょう。
 
 もちろんよく噛むことが大切なのは、お年寄りも同じです。自分の口に合う義歯(入れ歯)の装着により、よく噛む食事をすることが、認知症、いわゆるボケを防ぐといわれています。
前述①~⑥の効果を考えると、なるほどとうなずけますね。逆に合わなくなった義歯を使っていると咀嚼機能を低下させますから、認知症患者の場合、その状態の悪化がみられるといったこともあります。
 
 全身の健康維持に、噛むことは大きな関わりがあります。入れ歯が合わなくなってきたなと感じたら、早急にかかりつけ医に相談しましょう。

 このように、噛むという作業は、健康のためにとても大切ですが、そのためにも丈夫な歯をもつことは不可欠。
 健康な歯が、健康な身体をつくります。常に口腔ケアを心がけてください。また、噛みごたえのあるものをよく噛んで食べる、ゆったりと時間をかけて食事をするということを実践しましょう。ひとくち食べ物を口に入れたら、30回から50回噛むのが理想的。
好き嫌いなくバランスよく食べることも忘れずに。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。