とらねこじじの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事も子育ても、能率を上げ周囲に感謝!

 いよいよ四月。育児休暇が終わり、職場復帰された方も多いのではないでしょうか。

 ワーキングマザーが職場で気をつけるポイント
 
 一つ目は「仕事中は子供の話題を出さないこと」
誰かが自分の子供の話をし出すと、止まらなくなる事がよくあります。
もし子供に関して質問されたら、最低限のことだけ答え、後は仕事に集中しましょう。

 次に「周囲の人たちへの感謝の気持ちを忘れないこと」です。
子供の発熱などで休むことが多く、周囲に迷惑をかけているのは事実です。
つねに「ありがとう」という気持ちを持って、行動していると、自然と態度に
現れるものです。決して「こどもがいるから、休んで当然」とは思わないようにして下さい。

「仕事と子育ての両立支援制度を充実すればするほど、権利ばかり主張する女性社員が増えて困る」と、人事担当者や組合の方からよく聞きます。
日頃から、周囲のみんなのために何かできることはないか、と常に考えて行動しなしょう。
日頃頑張っていれば、いざという時に助けてもらえると思うのです。

 三つ目は「自分は今後どのように働きたいか、上司にしっかり伝えること」です。
自分の思っていることは、口に出さないとなかなか伝わりません。
本人は「出産後も、出張や残業をこなし、責任ある仕事をしたい」と思っているのに、上司の方は「出産前は責任のある仕事を任せていたが、こどもが生まれたから、やりがいよりも必ず定時で帰宅できるような仕事を提供してあげよう」と思っていることが多いのです。
部下からすると「配慮の視点が違う」のです。積極的に上司とのコミュニケーションの場を持つよう、努力してください。

 最後に「仕事の能率を上げ、質の高い仕事を心がけること」。仕事を始める前に、まず今日やるべきことをリストアップし、優先順位をつけてから取り組みましょう。
「今日できることは今日する」という考えを「明日できることは、明日にする」と変えると気持ちが楽になります。一つ一つの仕事をいつまでに仕上げるかを明確にすることで、効率が上がると思います。自分のペースをつくり、自身を持って、一歩一歩進んでいきましょう。
頑張っている姿はきっと誰かが見ていてくれます。





 
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。