とらねこじじの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外食と健康

日本人の食生活で、近年、著しく変化してきた点は、外食の増加といえるでしょう。
外食は昭和40年代から増大し、現在では、いわゆる外食比率が30%を超えるレベルにまで達しているのです。 外食とは「家庭の外で食事をとること、またはその食事」を指す言葉ですが、持ち帰りの弁当、ファーストフードのテイクアウト、出前なども含めた、幅広い捉え方がされるようになってきました。今後、外食はさらに増大の傾向をたどると考えられます。

 日本人の食文化にあって、「食の外部化」はどのような影響を及ぼしてきたのでしょうか。肉類が中心となる食の西洋化と成人病の関係が叫ばれる今日、健康・栄養面に及ぼす影響は、決して少なくないはずです。

外食と一言でいっても、実に多様化しています。現在では、ファーストフード、コンビニエンスストアなどのテイクアウトも含めて「家庭で,調理をしない食事」を総じて外食と呼んでいます。

外食の栄養成分

 昭和40年代から50年代にかけて、日本人の食生活は、所得の上昇、家庭用冷蔵庫の普及、食料の流通の発達などに伴って、著しく改善され、以来日本人の栄養摂取量は、平均的にみて、ほぼ充足している状況にあるといえるでしょう。しかし、インスタント食品、ファーストフードの普及などが、特に若い世代の食生活を一変させ、栄養のバランスということになると、かなりの問題点があげられます。もちろん個人差はありますが、エネルギーの過剰摂取、脂肪のとり過ぎ、加工食品に依存することによる栄養の偏り・・
これらは、外食の増大に伴って増えてきた問題ともいえるものです。
 1日の食生活の1/3を外食が占めている現在、成人病の予防、健康増進の面からも、あらためて外食の栄養成分を認識しておくことが必要でしょう。

 まず、料理の種類別に、その栄養成分をみていきましょう

 めん類

・具の食材が多いものを選びたい

 ふだんの昼食をめん類だけで済ませている人も多いと思います。めん類は、使用される食材料がきわめて少なく、かけそばなどは、薬味を人れても2~3品にとどまります。したがって、1食だけではどうしてもたんぱく質、脂肪、ミネラル、ビタミンなどが不足がちになります。できたら五目そば、鍋焼きうどんなど、具の食材数が多いものを選ぶようにしたいものです。

2 どんぶり物

・なるベく野菜と一緒にとりたい

 天丼やかつ丼などの、いわゆるどんぶり物は、めん類に比べれば、使用される食材も多く、特に卵、肉類の入ったものを選べば、栄養的にもいくらかはよくなります。ただし、どんぶり物だけで食事を済ませては、バランスの面で問題が残ります。
 たとえば親子どんぶりの栄養価をみてみると、たんぱく質が高く、ビタミンはきわめて低くなっています。なるべく野菜と一緒にとりたいものです

3 定食

・単品ものには副菜をつけたい

 いわゆる定食メニューには、比較的多くの食材が使われているので、めん類やどんぶり物に比べるとバランス的にかなりよくなります。ただし、ごはんに焼き魚や焼き肉などの単品を添えただけのものには、野菜、大豆製品などの副菜をつけるようにしたいものです。
栄養成分がアンバランスにならないように気をつけて下さい。

 持ち帰りの弁当類

・多数のおかずが入っているのを選びたい

 最近では、持ち帰り弁当のメニューも実に多種類になっていますが、栄養のバランスからみれば、幕の内弁当のように、多数のおかずが入っているものを選ぶのが賢明といえるでしょう。とんかつ弁当、からあげ弁当などは食材の品数が少なく、脂肪、たんぱく質が高い偏った栄養バランスになるので、これらを食べるときは野菜などを添えるようにしてください。

 ファーストフード

・あまり頻繁にならないようにしたい

 ハンバーガーやフライドポテト、フライドチキンなどは手軽なものですが、どうしても脂肪が過剰になる傾向があります。あまり頻繁にならないように十分な注意が必要でしょう。

 外食を利用するときの注意点

・「1日に30品目」を目安に、なるべく多種類の食材の外食を

 私たちのからだは、食事によって得た栄養素をエネルギーとして活動しています。健康の維持、増進にとっての第1条件は、からだが必要とする栄養素をバランスよくとることです。栄養素とは、脂肪、たんぱく質、糖質の3大栄養素に加えてビタミン、ミネラル、食物繊維などで、それぞれを含む食品を、なるべく多くの種類をとることが大切です。「1日に30品目」が理想的な目安となります。そして、献立の上では「主食、主菜、副菜」をそろえることも必要なのです。特に日本人には不足がちだといわれるビタミン、ミネラル、食物繊維を充足させるために、ほうれん草などの緑黄色野菜を欠かさないようにしましょう。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。