とらねこじじの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供に「心の栄養」を!

 若者たちが自分や他人を傷つけたり、命を奪う、というニュースが
後を絶たない。私自身だって、もしその当事者と同じ生育状況で、
同じ立場にいたら、似たようなことをせずにはいられないほど、心が
すさんでいたかもしれない。

 児童精神科の佐々木正美先生は「心が満たされて初めて、人は社会の
常識を守れるようになる」という。誰に言われなくても「人は傷つけたり
殺してはいけない」という常識は分かっているはずだ。しかし「衣食足りて
礼節を知る」のことわざ通り、人は自らが幸せでなくては」、他人を思い
やることはできないのかもしれない。

  子育ては意識して子供の立場に立ってないと、すぐに力の強い大人の
都合に合わせがちになる。けれど、幼少時にどれだけ自分の要求を満足
させてもらえたかが、その人の“心の栄養貯金”になるのだと思う。

 金銭的な価値に換算できない母親業は、今の社会にあっては低く見られ
がちである。しかし、これほど徹底したプロ意識を要求され、かつ「世界で
唯一自分でなくては不可能」という仕事はない

スポンサーサイト

コメント

はじめまして^^

私のニュースサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/news195/archives/53467579.html
です。

  • 2007/04/01(日) 09:34:42 |
  • URL |
  • ニュース 事件 飛脚便 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。