とらねこじじの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆セブンーイレブン、売れ残り弁当を飼料に


 コンビに最大手のセブンーイレブン・ジャパンは8/29に
東京23区内の約1000店舗で売れ残った弁当や惣菜などの
期限切れ商品を、九月から家畜用飼料として活用を始める
と発表して。これまでは堆肥に使っていたが、飼料にまで
リサイクルするのは流通業界でも珍しいとのこと。

 フランチャイズ加盟店全体での取り組みを促す改正食品
リサイクル法が年内に施行されるのをにらんで、今後は
茨城。埼玉、千葉の三県の店舗でも飼料化を進めていく
方針とのこと。

 飼料化を委託するアグリガイアシステムが、一日に
250㌧処理できる工場を千葉県佐倉市で九月から本格稼動
する。売れ残った商品を冷蔵車で毎日回収。工場では
ラインに手作業を多く取り入れ100%の活用が可能。

 売れ残り弁当のリサイクル後も、その飼料を使って育てた
豚などを商品として使えないとリサイクルは定着しない。
この飼料で育てた豚や鶏を、店頭で売る弁当の食材などに
使うことを検討するとのこと。

 セブンーイレブンの一店舗から出る一日当たりの生ごみは
約15kgで、全加盟店では150から180tに上るという。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。