とらねこじじの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆健康保険4・多額の医療費、高額療養費で負担軽減!


 高額療養費とは、かかった医療費のうち病院の窓口で支払った
金額(一部負担金)が一定額(自己負担限度額)を超えた場合に
その超えた金額を払い戻してくれる制度です。

 窓口で支払った費用のうち、食費(食材料費)や居住費(光熱
水費相当)、差額ベッド代などは対象外です。また、健康保険の
制度なので、自費支払いとなる特殊な歯科診療なども該当医しま
せん。

 自費負担限度額の計算の方法は、所得区分に応じて異なります
が、70歳未満で一般所得区分の人の場合、診療科ごと、外来・
入院診療別にみて一ヶ月の自己負担額が8万円を超えていれば、
高額療養費の請求手続きができると考えてください。
それ以下でも1件当たり21,000円以上ある支払いが合計して
超えれば該当します。同じ世帯に属する人の分も合算できます
ので、病院での支払明細書は家族全員の分をとっておきましょう。

 高額療養費の制度を使えば後でお金が戻ってくるにしても、
入院する際にはある程度まとまったお金を用意しなければなりま
せんでした。

※今年の4月から窓口での支払いが自己負担限度額までで済む
ようになりました。ただし、この適用を受けるには、
「限度額適用認定証」を提示する必要があります。
加入する健保組合や社会保険事務所、市町村役場の健康保険給付
係の窓口で手続きを行ってください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。