とらねこじじの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆トロリーバッグ、気遣いを!

  あっちでコロコロ、こっちでゴロゴロ。街中で、車輪が付いた
バッグを引く人が増えた。「キャリーバッグ」「キャスター付き
バッグ」などと呼ばれるこのかばん、業界では「トロリーバッグ」
と総称される。重い荷物を運べる上、機能やデザインも向上して
老若男女に浸透してきたが、人ごみで他人に迷惑なこともある。

 大手かばんメーカーのエースによると、布製ソフトタイプの登場
がトロリーバッグの爆発的普及の始まりらしい。
米ノースウエスト航空のパイロットが1989年に考案、自ら創業
したブランド「トラベルプロ」があっという間に世界に広がった。

 二、三泊なら十分間に合うし、機内に持ち込めるので安心。
小さいので小回りがきいて引っ張りやすい。

 音が静かでスムーズに動く車輪などの開発が進み、価格も低下。
今では大小さまざまなスーツケースにアタッシュケース、ボストン
リュックとあらゆるかばんにキャスターが付く。

 駅や空港がバリアフリー化され、ノートパソコンなど携帯品が
増えたことも、普及を後押ししているようだ。

 便利さの一方で、混雑した場所では、ほかの人の歩行の妨げに
なりかねないのも事実。傍若無人な振る舞いは避けたい。

※客室乗務員がすすめるトロリーバッグの使い方

1.常に後ろに気を配る
2.急に止まらない
3.なるべく取っ手を体に近づけて持つ
4.アームを短めに調節する
5.自分の体の幅で引く
6.後ろを横切る人がいればバッグを引き寄せて通す

 バッグが自分の後ろについて来るように、体の真後ろで持つ。
常に背後に気を配り、横切ろうとする人がいれば、立ち止まって
バッグを引き寄せ、先に通す。

 後ろを歩く人にとっては、バッグが視界に入りにくいので、急に
立ち止まらないこと。流行のバッグを持つなら、マナーも最先端で
ありたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。