とらねこじじの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★健康保険3、息子の扶養家族に、収入などで制限有!

 確かに被扶養者(扶養家族)になると、医療保険の保険料負担が
なくなるので助かります。しかし、扶養家族になれるのは三親等
以内の親族という条件のほか、収入などかなり厳しい制限がある
ため、失業保険や年金をもらっている人の多くは対象外。

 また、認定基準は息子さんと同居しているか、別居しているか
でも異なります。まず、同居している場合ですが、年間収入が
130万円(60歳以上か一定のレベル以上の障害者の場合は
180万円)未満で、かつ被保険者の年間収入の二分の一未満で
あれば基準を満たします。

 定年退職する人の場合は、年間収入が180万円未満で、息子
さんの収入の半分を下回っていればよいわけです。ただ半分以上
あっても、所得が少ない家族がなんとか助け合って暮らしを維持
しているといった事情があるときは、総合的に判断して、
被扶養者として認められる場合もあります。

 なお、これらの場合でいう「収入」とは、年金や株の配当、
預貯金の利子、雇用保険の失業給付、地代、家賃などの継続性の
ある収入のことです。つまり、退職金や不動産の売却益といった
一時収入は含まれません。

 また「年間収入」とはこれからの収入見込み額のことです。
見込み額がわからないときは、それまでの直近の実績で判定され
ます。

 手続きは、退職の日の翌日から五日以内に、息子さん(被保険者)
の事業主を通じて社会保険事務所か、または健康保険組合に届け
出て確認を受けます。その際、課税証明書など収入額を明らかに
する書類、「退職証明書」「被扶養申立書」などの添付書類が必要



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。