とらねこじじの雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★健康診断で「血圧がちょっと高め」と診断されたら?

 ※ 血圧は、血管にダメージを与えます。

 私たちの心臓は、常にポンプのように縮んだり伸びたりして、
全身に血液を送り出します。心臓が縮むと全身に血液が送り
出され、血液量が増え、動脈壁に加わる圧力が最大になります。
この時、血管にかかる圧力を「収縮期血圧」といい、この血圧の
値を「最大血圧」といいます。同様に心臓が拡張すると体中から
血液が心臓に戻り、血管にかかる圧力は小さくなります。
この時の血圧が「最小血圧」です。

 血圧測定には、二つの意味があります。
1.血圧によって、心臓や血管などの健康状態がわかること。
2.脳卒中や動脈硬化など、血管の病気の将来的な予測が
できるということです。

 つまり血圧測定は、日本人の国民病といわれる「脳梗塞」
「心筋梗塞」を察知するための重要な指標なのです。

 高血圧が危険なのは、交通量の多い道路が破損しやすく、
ある日突然、陥没したりするのをイメージするとわかり
やすいでしょう。高血圧が続くと、その圧力で動脈が傷つき
やすくなります。またその圧力に耐えるため、しだいに動脈の
血管壁が厚くなっていって血管内腔が狭くなり、さらに血管が
傷つきやすくなります。そして傷ついた部分にはコレステロール
などの脂質が溜まりやすくなり、その結果さらに内腔が狭まります。
つまり高血圧になると動脈硬化が起こり、そのために高血圧に
なるという、悪循環をも引き起こしてしまいがちなのです。

 高血圧の原因は、大きく分けてふたつに分けられます。
1.「二次性高血圧」といい、腎臓障害など、血圧上昇の明らかな
原因のあるもの
2.「本能性高血圧」といって、明らかな原因がなく、遺伝や
生活習慣などによるものです。遺伝のほかには食塩の摂りすぎ、
加齢による血管の老化、ストレス、過労、運動不足、肥満、喫煙
などの要因によって引き起こされると考えられています。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。